オフィスアルファ
トップページ コンサート情報 アーティスト情報 ショップ − 通信販売 お問い合わせ 会社概要
コンサート情報
トップページ >> コンサート >> アルゼンチンの天才ピアニスト オラシオ・ラバンデーラ ピアノ・リサイタル

アルゼンチンの天才ピアニスト オラシオ・ラバンデーラ ピアノ・リサイタル

2006年10月・11月



ラバンデーラの再来日に寄せて

オラシオ・ラバンデーラは、2004年の初来日で私が強烈な印象を受けた若手ピアニスト一人です。このとき彼が弾いたアルゼンチンの作曲家ヒナステーラの作品は特に感銘深いものでした。激しいリズムと情熱的な和音の中から、この作曲家の真髄といったものがヒタヒタと伝わって来たからでした。 最近、リリースされたCD「三つのB“バッハ、ベートーヴェン、ブラームス”」(TESTIGO 10138ライブ盤)を聴きましたが、バッハの「カプリッチョ」に表された作曲家の人間味と優しさの精神というものをとても巧く浮かび上がらせていることに驚きと感銘を受けました。ベートーヴェンの「熱情」も、この曲の劇的な性格をみごとに表しています。 20代はじめとは思えないほどの完成度の高い音楽性、作品への洞察力、そしてテクニックの信頼性に裏打ちされた独自の表現、音楽言語には深い感動を呼び起されます。 オラシオは今回もその真価を間違いなく我々にご披露してくれることでしょう。彼の「ステキなピアノ」に大きな期待を寄せています。
家永 勝(音楽評論家)

 

 

プロフィール

1984年12月、アルゼンチン、ブエノスアイレスで生まれる。7歳からピアノを本格的に習い始め、幼少からアルゼンチン国内の数々のコンクールで優勝して注目を浴びた。 2001年、イタリア大使館の奨学金を授与され、シエナのチギアーナ音楽院でポリーニの主宰する音楽家のための講習会に参加。 2001年、アルゲリッチからの任命を受け、ラ・ロックダンテロン国際ピアノ音楽祭に参加。「ル・モンド紙」評では「若い天才の黄金の手」絶賛された。 2001年10月、ミラノスカラ座とジュゼッペ・ヴェルデイ音楽学校主催、ウンベルト・ミケーリ国際ピアノコンクールで最年少者として受賞。(1位なしの2位) アルゼンチン国内は言うに及ばずイタリア、イギリス、スペイン、フランス、ベルギー、ドイツ等でもコンサートを行い好評を得ている。 2003年6月にはブエノスアイレス、コロン劇場でデュトワ指揮ブエノスアイレス・フィルハーモニーとブラームスのピアノ協奏曲第一番を演奏、絶賛を博した。 2004年9月〜10月に初来日、東京、藤沢、名古屋、京都ほかでリサイタルを開催して好評を博した。 現在、スペイン、マドリッドを拠点に活躍、2005年7月にはロンドンのウィグモア・ホールでリサイタルを行い成功を収めている。




全国スケジュール 2006年10月・11月


開演開催地会場お問合せ
10月28日(土)
15:00
可児可児市文化創造センターご予約:0574-60-3050 / お問合せ:0574-60-3311
10月29日(日)
14:00
西宮兵庫県立芸術文化センターご予約・お問合せ:0798-68-0255
11月02日(木)
19:00
東京めぐろパーシモンホールご予約:03-3234-9999 チケットぴあ
お問合せ:03-3234-9999 インタースペース

可児と東京のチケットを通信販売しています。
詳しくはチケット通信販売のご案内をご覧ください。


プログラム

※演奏者の都合によって、曲目の一部が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

プログラム [A] 可児・西宮
J. S. バッハ: カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちにあたって」 変ロ長調
ベートーヴェン:

ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調「熱情」op.57

ヒナステーラ: ピアノのためのアルゼンチン舞踊曲 op.2
ショパン: ノクターン 第2番 op.9
  ノクターン 第13番、第14番 op.48
  ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調「葬送」op.35

 

プログラム [B] 東京
J. S. バッハ: カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちにあたって」 変ロ長調
ベートーヴェン:

ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調「熱情」op.57

ヒナステーラ: ピアノのためのアルゼンチン舞踊曲 op.2
権代敦彦: 青の彼方へ
ファリャ: アンダルシア幻想曲

 

 
© Copyright Office Alpha. All Rights Reserved.